プロペシアは世界初の内服タイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬として登場しました。また、プロペシアは医師の処方が認められた治療薬で、多くの病院で処方されています。そんなプロペシアには同じ効果があり、安いのが特徴のジェネリック医薬品が存在しています。詳しく説明いたします。

プロペシアジェネリックにあるエフペシアとは?

プロペシアジェネリックにあるエフペシアとは?

エフペシアはインドのシプラ社が製造販売している、プロペシアのジェネリック医薬品です。
先発医薬品のプロペシアと同じく、有効成分フィナステリドを1mgを含有していて、前立腺肥大症と男性型脱毛症の治療に用いられます。

前立腺肥大症の治療薬として、エフペシアを利用する場合は1日5錠、男性型脱毛症の改善のために服用する際は1日1錠が目安です。
食前でも食後でもかまわないので、水と一緒に飲むようにしましょう。

エフペシアには、薄毛の原因である、男性ホルモンのテストステロンをDHTへ変換する、2型5αリダクターゼという酵素を阻害する作用があります。
男性の薄毛改善には高い効果がありますが、女性は利用できないので、夫婦やカップルで兼用することは出来ません。

プロペシアと同じく、女性がエフペシアを服用しても、薄毛に対しての効果があることは証明されていません。
それだけでなく、男子胎児の生殖器官等の正常発育に問題が出る可能性があるので、女性は服用しないようにしてください。
有効成分のフィナステリドには、男性ホルモンであるDHTを抑制する作用があるので、母親がうかつに服用すると、男児の生殖器が形成できない恐れがあります。

エフペシアはプロペシアのジェネリックで、有効成分も同じなので、どちらにもEDなどの副作用が報告されています。
ED以外にも射精不全、睾丸・精巣の痛みやかゆみ、むくみ、初期脱毛、肝機能障害などの副作用があります。
体調が悪くなったらただちに使用を中止し、病院へ行くようにしてください。

プロペシアジェネリックの中には、キノリンイエローを使用しているものと、使用していないものとが存在します。
キノリンイエローとはコーティング剤の成分のことで、発がん性があるという噂が広がったため、今では使用していないキノリンフリーの薬の方が人気があります。
エフペシアはキノリンフリーのプロペシアジェネリックなので、がんの心配をすることなく安心して利用できます。

エフペシアはどれくらい飲めば効果を発揮する?

エフペシアを男性脱毛症の治療薬として用いる場合は、すぐに効果が出るわけではないので、気長に続けることが大切です。
過剰に摂取しても効果はないので、用法・用量を守って、1日1錠だけを飲むようにしてください。
長期で服用していくうち、少しずつエフペシアの効果があらわれるので、それまでは待つようにしてください。

実際にエフペシアを服用した人の口コミを調べると、最低でも半年は続けないと効果を実感できないという人がほとんどでした。
ヘアサイクルの乱れが整うのには時間がかかるので、1ヵ月程度では大した変化は感じられないようです。
目に見えて毛髪の量が増えた、大幅に抜け毛が減ったなどと感じるには大体1年以上は続けなくてはなりません。

フィナステリドは長期間の使用で効果が出ることが、国内で行われている臨床試験でも証明されています。
ゆえに半年や1年でふさふさにならなかったからといって、諦めないようにしてください。
3年間の服用により、約80%の人に増毛効果を得られたとのデータがあるので、途中でやめないことが大切です。

プロペシアを何年も飲み続けると、かなりの費用がかかるので、途中で続けられなくなることがあります。
AGA専門クリニックに通院すると、薬代のほかにも診察代や交通費がかかるので、よほど余裕がないと、長期で治療を受けるのは難しいでしょう。
途中でやめるとそれまでの苦労が水の泡になってしまいますが、エフペシアなら安いので、長く続けていくことが出来ます。

エフペシアで増毛効果を得られる年数については個人差があります。
半年程度で抜け毛が減る人もいれば、3年以上かかる人もいるので、焦らずゆっくり続けるようにしてください。