プロペシアは世界初の内服タイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬として登場しました。また、プロペシアは医師の処方が認められた治療薬で、多くの病院で処方されています。そんなプロペシアには同じ効果があり、安いのが特徴のジェネリック医薬品が存在しています。詳しく説明いたします。

ミノキシジルには発毛効果が認められています!

ミノキシジルには発毛効果が認められています!

発毛剤の「リアップ」シリーズに配合されている有効成分としてすっかり有名になった「ミノキシジル」ですが、本当に効果があるのか疑っている人も多いのではないでしょうか。
実はミノキシジルを含む外用薬は日本皮膚科学会が定めた「AGA(男性型脱毛症)診療ガイドライン」で、5段階評価の最高レベルであるランクAに判定されています。

ではミノキシジルとは、いったいどのような成分なのでしょうか。
ミノキシジルは血管拡張作用により血圧を下げる効果があるため、もともとは高血圧の治療薬として使用されていました。
その際多くの患者に多毛症の副作用があらわれたことから研究が進み、アメリカでFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を受け「ロゲイン」という外用薬が誕生します。
ロゲイン発売以降、日本でもミノキシジルは厚生労働省から認可され、薄毛の治療薬として現在広く利用されています。

当初はもともとの作用から、血管を拡張することで血流が良くなり、髪の元になる毛母細胞に栄養が行き届くことで健康な髪が育つと考えられていました。
しかし、現在ミノキシジルの働きはそれだけではないことがわかっています。
新たに解明されたのは、ミノキシジルには「成長因子(グロースファクター)」を増やす作用があるということです。
成長因子は細胞を刺激して細胞の分裂や成長を促すたんぱく質です。
ミノキシジルはこの成長因子を増やし、頭皮の毛細血管の細胞や、毛母細胞を増殖させる手助けをするのです。

ミノキシジルは外用薬のほかに「ミノキシジルタブレット」と呼ばれる内服薬(飲み薬)も存在しますが、リアップをはじめとする外用薬は頭皮から直接吸収するため副作用のリスクも低く安全性が高いといえます。
外用薬の使い方は、頭皮の脱毛の気になる部分に適量を塗布し浸透させます。
たくさん使ったからといって効果が増えるわけではありません。
それよりも毛根に成分が行き届くように、頭皮や毛穴を清潔にして使用することが重要といえます。

ミノキシジルとフィナステリドの併用について

「AGA診療ガイドライン」で、ミノキシジルと同じランクAの判定を受けているのが「フィナステリド」の内服薬です。
日本皮膚科学会によって認められたこの2つの薬を併用することで、高い発毛効果を得られると考えられています。
実際、現在AGA治療を行うクリニックでは、ミノキシジルの外用薬と「プロペシア」をはじめとするフィナステリドを有効成分とした内服薬を併用する治療法が主流となっています。

フィナステリドとミノキシジルは同じAGA治療薬でありながら、薄毛へのアプローチが全く異なります。
AGAの原因のひとつが男性ホルモンであることはご存知の方も多いでしょう。
男性ホルモンなかでも「テストステロン」と呼ばれるホルモンが、「5αリダクターゼ」という酵素と結びつくと「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンに変化します。
抜け毛は、このジヒドロテストステロンが増えヘアサイクルが乱れることで起こります。

フィナステリドは5αリダクターゼの働きを抑制し、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化することを阻害することで抜け毛を防止します。
ミノキシジルが「発毛を促す」のに対し、フィナステリドは「抜け毛を減らす」効果があるといえます。
この2つのアプローチにより、単体で使用するより高い効果が見込めるのです。

このように薄毛改善に期待が持てるミノキシジルとフィナステリドですが、どちらも医薬品であるため副作用が出る恐れがあります。
ミノキシジルは先にも触れましたが、外用薬の場合副作用は少ないといえますがかぶれやかゆみ、発疹などの皮膚症状があらわれることが考えられます。
フィナステリドには肝機能障害や男性機能の低下などの副作用があります。

リスクがゼロではないことは理解しておく必要がありますが、ミノキシジルの外用薬もプロペシアも正式に認可されているAGA治療薬です。
正しい使い方でぜひ薄毛治療に役立ててください。

ミノキシジルにつきましては他のサイトでも詳細に掲載されているのでこちらもご覧ください。
ミノキシジル – AGA治療薬@通販