プロペシアは世界初の内服タイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬として登場しました。また、プロペシアは医師の処方が認められた治療薬で、多くの病院で処方されています。そんなプロペシアには同じ効果があり、安いのが特徴のジェネリック医薬品が存在しています。詳しく説明いたします。

AGAに対して効果のあるサプリはある?

AGAに対して効果のあるサプリはある?

AGAに対して直接効果があるサプリメントはありませんが、AGA治療のサポートができるタイプのサプリは販売されています。
サプリは日常生活で不足しがちな栄養素を補うことができるほか、AGA治療薬をサポートする働きもあるのでどちらか一方だけではなく併用することでより高い効果が期待できます。
栄養不足であるとせっかくのAGA治療薬の効果も発揮しづらい状態となるので心当たりがある方は利用してみてはいかがでしょうか。

AGA対策のサプリを選ぶときにはAGAの原因である5αリダクターゼやジヒドロテストステロンを抑制できる成分が入っているか、髪の毛を作る為の成分が入っているか、血流改善の成分が入っているなどと費用を考えて選ぶと良いでしょう。
サプリは継続することで効果を発揮するものなので持続しやすいものを選ぶようにして下さい。

5αリダクターゼを抑制できる成分としては亜鉛やアロエエキス、オウゴンエキスなどがあげられます。
ヒオウギエキスなど植物由来のものも多くあります。
ジヒドロテストステロンの抑制には亜鉛の吸収率を高めるビタミンB6が入ったものもおすすめです。
細胞の新陳代謝を促すビタミンB2やアミノ酸の代謝やコラーゲンの生成をサポートができるビオチンなども良いでしょう。

ビタミンAは頭皮の新陳代謝を促進することができますが摂取し過ぎは乾燥を招き、かえって抜け毛や薄毛の原因になってしまう恐れがあります。
プサイシンが血行促進効果が期待できますが内臓に強い刺激を与えてしまうおそれもあるので体質にあったものを探しましょう。
サプリだけを摂取するのではなくミネラルや炭水化物など栄養素をバランスよく取り入れることが大切です。

食事でこれらの栄養素を毎日摂取することは難しいですがサプリを利用すれば簡単に摂取することができます。
サプリは薬よりも副作用の心配が少ないとされていますのでAGAを治療するための補助として利用してみてはいかがでしょうか。

サプリを長期服用してAGA治療の足がかりにする

サプリは薬のようにAGAを劇的に回復させるような効果はありませんがサプリを継続的に服用することでAGAの治療の足がかりにすることは可能です。
AGAの原因は男性ホルモンの影響によるものですが、薄毛の原因は睡眠不足や喫煙習慣、栄養バランスの悪い食事などの、個人によって異なる習慣も関わってきます。
サプリを利用すればこういった髪の育成に悪い習慣を改善するためのサポートができるので長期的に服用することで結果としてAGAの治療にも役立てることが出来ます。

AGAの薄毛対策として特におすすめなサプリは亜鉛です。
亜鉛は髪の成分のひとつであるタンパク質を髪の毛の組織に変えるために必要な成分で1日あたり15mgまでが目安となっています。
クエン酸やビタミンCを一緒に摂取することで吸収率をあげることが出来ますが、過剰摂取は免疫力の低下などの副作用が出るの場合があるので注意しましょう。

ビタミンEは薄毛の原因の一つである血行不良を改善してくれる効果があります。
ビタミンE自体には毛を直接生やす作用はありませんが抗酸化作用や血管拡張作用があることで代謝を改善し栄養を髪や頭皮に与えやすくすることができます。
代謝が悪い場合にはせっかく栄養素やAGA治療薬を使用しても効果が出にくいこともあります。
より効率的に治療を行いたいのなら頭皮の血流をよくすることをおすすめします。

サプリは基本的に天然由来成分を使用しているもの多く、医薬品などと比べて副作用の心配は少ないですが体質に合わない場合には使用を中止し医師に相談するようにして下さい。
使用上の注意をよく読んで正しく使うようにしましょう。
成分別に購入するのも良いですがAGAの治療をサポートするタイプのサプリを利用すればより簡単に摂取することが出来るので参考にしてみて下さい。