プロペシアは世界初の内服タイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬として登場しました。また、プロペシアは医師の処方が認められた治療薬で、多くの病院で処方されています。そんなプロペシアには同じ効果があり、安いのが特徴のジェネリック医薬品が存在しています。詳しく説明いたします。

AGAの検査は病院で行なうことができます

AGAの検査は病院で行なうことができます

AGAとは男性型脱毛症の事で遺伝や男性ホルモンなどの影響によって抜け毛や薄毛が進行し目立つようになった症状のことを言います。
日本では男性の約3人に1人 はAGAになっていると言われ、進行性のため放置していくと徐々に薄くなるという特徴があります。
薄毛の原因はAGAの他にも病気治療による薬の副作用やストレスなど個人によって異なるため、自分の薄毛がどのタイプに当てはまるかをまず調べることが、治療効果を高めるためには大切です。

AGAの治療はドラッグストアなどで販売されている市販の育毛剤などを使用するのも良いですが場合によっては自分に合っていないこともあり、効果が現れにくいこともありますのでできることならまず検査を受けるようにしましょう。
自分がAGAかどうかを調べる方法は一部の皮膚科かAGA専門病院を利用するか検査キットを利用することで行えます。
インターネット上ではセルフチェックなどを行えるサイトもありますがより確実な方法としてはこの病院かキットを使うかのどちらかを選んでみてはいかがでしょうか。
自己判断で治療を開始することは治療結果が出にくいだけではなく費用の面でもおすすめできません。

AGAの検査でわかることは自分の薄毛がAGAであるかの他にAGA治療薬のひとつであるフィナステリドが効く体質かどうかがわかります。
検査方法は病院の場合では血液検査が、検査キットの場合には綿棒で口腔内の粘膜をこすりとるスワブ式や唾液式が一般的です。
検査キットの使用方法はメーカーによって異なりますので手順を守って検体を採取して下さい。

検査キットを販売しているメーカーによっては検査結果に合わせて補助食品やシャンプーやリンスの提案などのサポートを行っていることもありますが、検査キットは検査に使用する機器や調べる遺伝子項目の数などがメーカーによって異なるため医学的な信ぴょう性に疑問視されている面がありますので注意が必要です。
より詳しく調べたいと思っているのなら専門の病院で調べるようにしましょう。

病院でのAGA検査と検査キットの比較

自分がAGAかどうか調べるには一部の皮膚科やAGA専門病院の血液検査やインターネットで販売している検査キットを利用することで行えます。
病院での費用はいずれも自費診療となり皮膚科の場合で初診料を含めて1万円程度、遺伝子検査を行ったりAGAの治療薬を処方してもらった場合にはさらに2万円ほど追加された合計費用としては3万円ほどを目安にしておくと良いでしょう。
血液検査のみを行う場合では病院にもよりますが 2千円代から8千円代までとなっています。

比較すると一般の皮膚科よりはAGA専門病院の方が検査料が高い傾向がありますがその分詳しくAGAについて調べてもらうことができるというメリットがあります。
病院での検査は結果を知った後にその場で治療方針などを相談したり質問することが出来るので治療をより早く行いたいと思っている方にむいています。

検査キットはインターネットを利用して購入することができるため病院での検査と比較すると待ち時間が少なく忙しい方でも簡単に検査ができるというメリットがあります。
費用も1万2千円ほどと病院と比べて安く済むためとりあえず自分の薄毛がAGAかどうか調べたい方に向いています。
検査キットのデメリットとしては正確性の面です。
キットを販売しているメーカーによって異なる検査結果がでたということもありますので確実性を求めるなら病院での検査をおすすめします。

自分の薄毛がどのタイプに当てはまるのかを調べたい時により正確性を求めるのなら病院で検査をすると良いでしょう。
AGA専門病院なら専門のスタッフや医師もいるためよりおすすめです。
プライバシーが気になるなら検査キットでまず調べてから医師に相談するという方法もあります。
治療方針を決めるときの参考にしてみて下さい。