プロペシアは世界初の内服タイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬として登場しました。また、プロペシアは医師の処方が認められた治療薬で、多くの病院で処方されています。そんなプロペシアには同じ効果があり、安いのが特徴のジェネリック医薬品が存在しています。詳しく説明いたします。

AGAを発症してしまう人に共通する原因について

AGAを発症してしまう人に共通する原因について

男性ホルモン (DHT)はAGA(男性型脱毛症)を発症する原因の一つとされています。
さらには男性ホルモン (DHT)は毛周期を短くする作用があるのでよりハゲやすくなります。
具体的には毛周期に対して髪の毛が生えるのが追いつかないことによります。
特に頭皮にトラブルがあると髪の毛が生えにくい環境になるためAGAの特徴であるひたいの後退や頭の上が禿げるといったことにつながります。

また遊離テストステロンはDHAになってしまう成分です。
この場合血液を調べることでこの遊離テストステロンの値が高ければ高いほどAGAを発症しやすいという事がデータとして分かっています。
分泌は1日の中でも朝、昼、夜と血中濃度や分泌量が変化する「日内変動」であるためかなり個人差が大きいホルモンです。
これを増やす場合筋トレをしたり良質な睡眠生活で増えます。
ただしAGAを発症している場合は筋トレをするとさらにハゲが進んでしまいます。

減らしたい場合は女性ホルモンを増やすことです。
男性でも増やすことが可能です。
よくあるのが女性ホルモンの注射などです。
食べ物飲み物でも増やすこともできます。

例えばかぼちゃやキャベツやナッツ類お茶にも摂取することで女性ホルモンを増える効果があります。
ただし男性に女性ホルモンを増やす場合過多に摂りすぎると問題が発生します。
具体的には性欲の減退や慢性的な体のだるさに悩まされたり前立腺肥大症や肝機能障害が出てしまうとされています。

またDHTは5αリダクターゼと結びつくことで髪の毛のサイクルが狂うとされています。
そのためハゲを防止するならば5αリダクターゼの抑制も重要です。
この場合、通常の食生活での摂取で5αリダクターゼを抑制することは可能です。
例えばレバーやシジミに含まれる亜鉛や、豆乳や納豆・豆腐など大豆を使用した食品に多く含まれるイソフラボンなどの摂取が有効です。
もちろん亜鉛やイソフラボンが含まれている錠剤などを飲む方法も良いでしょう。

AGAは遺伝することもある?

AGA(男性型脱毛症)を発症してしまう人に共通する原因に遺伝がまず挙げられます。
厳密にはAGAに発症しやすい体質です。
よって代々ハゲやすい家系であってもAGAを発症する前に対策をしていればハゲてしまうのを回避できます。
男性が母親から受け継ぐX染色体上にあるため、母方の祖父の頭髪がハゲであれば「ハゲは遺伝する」と経験的には知られています。
この場合は「アンドロゲンレセプター(ホルモンを感知する器官)の感受性の高さを決める遺伝子」とされています。
また父、母どちらからも受け継ぐ「5αリダクターゼの活性が高い遺伝子」は優性遺伝です。

DHTがアンドロゲンレセプターにに反応すると毛母細胞の分裂が止まったり毛母細胞が死んでしまいヘアサイクルの乱れを引き起こすとされ地ます。
その結果髪の毛が成長する前に抜けてしまいます。
アンドロゲンレセプターの感受性を決める遺伝子はX染色体に存在しています。
X染色体は母親のものが息子に引き継がれるものであるため母親は薄毛でなくてもその性質を引き継いだ孫が薄毛になるため「隔世遺伝だ」と言われています。
遺伝かどうかは遺伝子を調べることではっきりします。
病院やクリニックで行う方法と遺伝子を調べるキットを取り寄せて使用して自宅で調べる方法があります。

ただし薄毛が遺伝をしていたとしても遺伝が原因のAGA(男性型脱毛症)は25%程度とされています。
また普段の生活が大きく関与しているのでストレスを溜めずに食事や運動などや頭皮や毛髪に良い影響を与える生活をしているならばそれがそのまま薄毛予防につながっているので薄毛が進行しないとされています。
健康的な生活を送っていればストレス発散や良い睡眠にもなるため頭皮のトラブルも低くなり髪の毛にも良い状態になります。